hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS [商業音楽で GO !!] (コード進行篇 03) 「II ⇒ V ⇒ I」を利用して、ふと転調。

<<   作成日時 : 2013/03/18 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

思い出してください。
 
[(コード篇 04) セブンス鳴らせば、転調、自由自在。]
http://hinden.at.webry.info/201303/article_8.html
 
を。

転調したいと思えば、転調したいキーの 5コ上のセブンスコードを鳴らせばいい
という話でしたね。

(今回も、キー が C の場合で、話を進めます。)

例えば、A に転調したいと思えば、E7 を鳴らす。
例えば、D に転調したいと思えば、A7 を鳴らす。

E7 ⇒ AM7 にしろ、
A7 ⇒ DM7 にしろ、
必殺の、
「V ⇒ I」進行でございます。

その発想の延長ととらえてよろしいです。
「V」の前に「II」を付けるのです。

D に転調したい場合に、いきなり A7 を鳴らす前に、Em7 に行っておくのです。

これは、A7 だけに比べると相当に、さりげない転調になります。
キーが C の場合のコードの表とともに、ご説明いたしましょう。






ファ






ファ
ファ






ファ

CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(b5)
I II III IV V VI VII


キーが C の曲の最中に Am7 が鳴るのであれば、これは自然。
しかし Am7 でなく A7 が鳴らされるのですから、これはどうしても唐突な印象になります。

ところが Em7 でしたら、これは、なんにも違和感ございません。
なぜって Em7、キー C の メンバー ですもの。(上の表の通り、7つのコードの中のひとつ。)

Em7 は、転調前のメンバーでもあり、転調後のメンバーでもあります。

キー C の 3番目のコード (III) でもあり、また、
キー D の 2番目のコード (II) にもなっています。

キー C の 3番目のコード (III) が鳴らされたと思っていたらそれは実は
キー D の 2番目のコード (II) が鳴らされてたんだよ〜ん、
知らないうちに実は既に転調してたんだよ〜ん、
というわけです。

このような転調前・転調後の橋渡しの役割を果たすコードのことを
「ピボット・コード」 (pivot code)
と申します。

セブンスコードであれば、ハッキリ、キーが何かが特定される (7つのうち 1箇所にしか登場しないから)、
しかしマイナーセブンスコードですと、II にも III にも VI にも登場するために
単独ではキーがハッキリしないのですね。
そこを逆利用したわけです。



[商業音楽で GO !!] 目次。
http://hinden.at.webry.info/201303/article_14.html




スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法
DU BOOKS
ドン・ブライトハウプト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーリー・ダン  Aja作曲術と作詞法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[商業音楽で GO !!] 目次。
索引としてお使いいただけるよう、当講習の目次をご用意しました。 現在まだ連載中でして、連載が終わるまでは当ページも随時更新されてゆきます。 既に書いた分の目次であると同時に、予告編でもあります。 (ページの終盤に載っているのは、講習はまだこれから。) ...続きを見る
hinden (まほまほファミリー) (...
2013/03/15 00:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[商業音楽で GO !!] (コード進行篇 03) 「II ⇒ V ⇒ I」を利用して、ふと転調。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる