hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS [商業音楽で GO !!] (コード篇 05) セブンスとメジャーセブンスとでは、ドエライ違い。

<<   作成日時 : 2013/03/08 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

人の曲を演奏する場合、省かれたセブンスを判断で補って弾くことが よく ございます。
コードが、ただ A だの E だの 書いてあるだけ、てケースが少なくないのです。

セブンスにして弾くか、メジャーセブンスにして弾くか。

どちらでもいい、というわけには参りません。
セブンスコードは、キーが何であるかを決定付けてしまう和声。
転調に意思があってのこのコードなのか。
作曲者の意図を読み取ります。

ただ。
作曲者に転調の意図がなかろうが、セブンスにせざるを得ないケースも、ございます
(メジャーセブンスにするわけにはいかない場合であるがゆえに)。

ボーカル (メロディ) が「C」の音を取っている時に
コードも「C」と書いてある場合です !!

これは CM7 にできない。4声の中でいちばんおいしいメジャーセブンスの音と ボーカルと が半音(短2度)でぶつかってしまいます。
C7 にしておくなら、まだマシな手です。(全音(長2度)でぶつかるのも、あんまり面白くはないですけれども、まあ…。)

ま、このケースは、そもそも、メロディかコードか、どちらかが間違っています。
(好みとか、人それぞれのセンスとか、そういう問題ではなく、ハッキリ、間違い。)
ボーカルはルートの音を取るべきではないし、
メロディを変えないのならコードの方を変えるべき。
これは第1回目の時に既に申しました通り。
 ↓ 
[商業音楽で GO !!] (メロディ篇 01) メロディはベースと同じ音にするなよ。]
http://hinden.at.webry.info/201303/article_2.html





[次号予告] (今回の話とも関連して)

[曲の最後に、よくやる失敗] の巻。





[商業音楽で GO !!] 目次。
http://hinden.at.webry.info/201303/article_14.html




スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法
DU BOOKS
ドン・ブライトハウプト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーリー・ダン  Aja作曲術と作詞法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[商業音楽で GO !!] 目次。
索引としてお使いいただけるよう、当講習の目次をご用意しました。 現在まだ連載中でして、連載が終わるまでは当ページも随時更新されてゆきます。 既に書いた分の目次であると同時に、予告編でもあります。 (ページの終盤に載っているのは、講習はまだこれから。) ...続きを見る
hinden (まほまほファミリー) (...
2013/03/09 20:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[商業音楽で GO !!] (コード篇 05) セブンスとメジャーセブンスとでは、ドエライ違い。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる