hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS [商業音楽で GO !!] (コード篇 09) シューベルトが愛用した、不思議なディミニッシュ。

<<   作成日時 : 2013/04/08 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ワガハイの辞書になかったコード。
それが、近代現代の最先端ジャズとかに
じゃなくて、
古い古いクラシックの、それもウルトラ大メジャーな作曲家によって、ごくごく普通に、好んで使われていました。

作品番号1番の「魔王」にも多用されていますし、
「アヴェ・マリア」にも多用されていますし、
…てアゲツラウ意味もないくらい、たいていのシューベルトの楽曲に出現してます。





ディミニッシュ、ありますよね。

例えば
ベースが F を鳴らしてる時の Fdim7。
これは別に、ただの、普通の、ディミニッシュですね。

では次に。
ベースが E を鳴らしてる時の Fdim7。
これは前回やりました。
E7 (b9)
すなわち
「イーふらってどナインス」。

しかしシューベルトが多用しているのは
ベースが Eb を鳴らしてる時の Fdim7
なんです。



このコードは一体、なんなのですか。



C dim7 / C
 ↑ 
これは、タダのディミニッシュ だ。

Db dim7 / C
 ↑ 
これは、C7 (b9) だ。

D dim7 / C
 ↑ 
これは、なんなんですか。

ルートが「ド」で、「ファ」と「シ」が同時に存在してます。
既存のジャズ理論で、どう解釈すればよろしいの。
ボク、分かんなーい。(マヂで)

んーむむ、ナインスの音をルートに持ってったと考える、とか ?
(ディミニッシュにナインスはテンションとして鳴らして大丈夫な音ですしね)

あるいは、
II dim7 / I ⇒ I
という進行で使っているんで、
sus4 7 (サスフォー セブン) の変形かな。



穂口 雄右 先生に聞けば分かるのかしら。





大々的に公募 !!
情報、お寄せください。


洋の東西、
新旧、
ジャンルを問わず、

シューベルト以外に

D dim7 / C

みたいなことやってる例はございますか。

クラシック音楽では珍しくないのでしょうか。
(シューベルト以外に気付いたことがない)

とにかく、これに類する情報、集めたいです。
皆様、よろしくお願いします。





[商業音楽で GO !!] 目次。
http://hinden.at.webry.info/201303/article_14.html




スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法
DU BOOKS
ドン・ブライトハウプト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーリー・ダン  Aja作曲術と作詞法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[商業音楽で GO !!] 目次。
索引としてお使いいただけるよう、当講習の目次をご用意しました。 現在まだ連載中でして、連載が終わるまでは当ページも随時更新されてゆきます。 既に書いた分の目次であると同時に、予告編でもあります。 (ページの終盤に載っているのは、講習はまだこれから。) ...続きを見る
hinden (まほまほファミリー) (...
2013/04/10 05:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ベースが、ペダルノートかも。 バッハの、トッカータ&フーガDminの冒頭でも出てくる、アレでは?(^^;)
クロキっす
2015/01/12 14:47
ふむ。
hinden (つまり 本人)
2015/11/15 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
[商業音楽で GO !!] (コード篇 09) シューベルトが愛用した、不思議なディミニッシュ。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる