hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS ビッグカメラにだけは、ともみち連れでゆくまい。

<<   作成日時 : 2013/09/16 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

我が子を見失わない保証がございません。
そこかしこに気を取られる文物があふれてる。

そんなこんなで、まほともみち を見ててもらって、ささっとビックカメラで用足しし、ささっと帰る。

…つもりだったのですが、…

この時あたくしは 3F にいました。と、背後に声。「ぴょーぴょぴょ%∴&$▽)'(◆∵゜&#!…」
え、ともみち くん ?
振り返ったら当然 ともみち ではなかったのですが、どっかヨソの男の子。「同類」の。ひとりで階段を下りてゆこうとしてます。いや、下りてっちゃいました。いやいや待て待て、きみきみ、きみはひとりで歩いてていいのか、いかんだろう。あとをついて自分も下ります。1Fにまで来ちゃいました。いや、店から出ようとまでしています。肩を、がっし。確保。「君。君はひとりで歩いてていいのか」と聞いてみるが当然通じません。いややってみる前から分かりきってますがそこは「手続き」みたいなもんです。アリバイです。手をつないでみようとしましたがそれも難しい感じです。まったく、ウチのとおんなじです。

「たぶん迷子です。」近くの店員さんに声を掛けました。「かつ、障害児。」
店員さん、「ぼく、おとーさんかおかーさんはどこかな」と話し掛けます。
「ああコトバは通じませんよ。」と助言します。
男の子、右の手のひらで左の肩の辺りをぽんぽんと叩きます。
これは養護学校などで身につけた動作ぢゃね、なんか訴えたいことがある。
「なんかのサインです。ただしなんのサインかは分かりません。おしっこしたいのかもしれませんが、ノドかわいたとかかもしれません。」と、なんの役にも立たないwww助言をします。

ほかにも店員さんが寄ってきました。対応するオトナがひとりではまだ不安ですがふたり以上が見ているならそろそろ安心か、と判断、潮時とみて、「ではお願いしますね」と言って、その場を後にしました。

そんなわけで、ビックカメラには、ともみち を連れてゆくもんではないです。



hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今頃読んでなんですが、おとこのこのサインはトイレと思われます。
ひがしです
2013/10/28 19:04
ウチの ともみち の場合、最初はそうだったんですけど やがて、大人を動かしたい場合の合図がみんなコレになってしまいました。
hinden (つまり 本人)
2013/10/28 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグカメラにだけは、ともみち連れでゆくまい。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる