hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS [トラウマ注意] なぜ児童合唱団で、という意図も経緯も不明な「オデコのこいつ」。

<<   作成日時 : 2013/10/03 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

左の耳の中にドンキホーテが住みついている、
というのは、伊藤 洋子 の名作(散文詩)「寄生するヒーロー」ですが、
この「オデコのこいつ」では、

男の子のオデコの中にニグロのチビが住みつきます。
…なんで ?

「おなかペコペコなんだよ」
「おなかペコペコなんだよ」
「おなかペコペコなんだよ」
「おなかペコペコなんだよ」

オデコの中で延々ボヤいています。
うるさいのなんのって。
出てけよ、死ねよ、黙れよ。

ある日ある時、反応がない。
うあああ僕が言ったからなのか。僕が殺したんだ。



て感じの曲です。
主人公は、目の前で母さんが死んでしまう
という悪夢まで、見せられます。
しかもその際に、おなかペコペコ過ぎて涙も出ない、
というムゴい状況。



はじめて聴いた当時は認識してなかったんですが、
ビアフラ飢餓 (ナイジェリア内戦) を扱ってたんだね。

知らんであろう男の子に憑依したというストーリーを、
知らんであろう少年少女たちに歌わせてたんだね。



こういうことしそうな人は、と。
ひょっとして、と思ったら、やっぱり。

詞を書いた人、「チコタン」の人だ。
このおかた (蓬莱 泰三 氏) は、よっぽどこういう路線がお好みなのでしょうか。

サウンドは、かなり美しいです。不協和音、いっぱい。
作曲は、三善 晃 氏。

「オデコのこいつ」の話題を夫婦でしていたら、途端に舞い込んできました、三善 晃 氏 の訃報。
あらま、びっくり。ご冥福をお祈り申し上げます。





関連日記。

[[トラウマ注意] 児童合唱団によるミュージカルアニメ「チコタン-ぼくのおよめさん」。]
http://hinden.at.webry.info/201310/article_3.html



ビアフラっちゅったら、あの昭和歌謡
「フランシーヌの場合」
も、そうでしたわね。

[[グロ注意] 数年後の昭和歌謡「フランシーヌの場合」にもつながる、衝撃映像。 ]
http://hinden.at.webry.info/201309/article_12.html




児童合唱〜三善晃作品集(1)
ビクターエンタテインメント
1999-03-20
合唱

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 児童合唱〜三善晃作品集(1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[トラウマ注意] なぜ児童合唱団で、という意図も経緯も不明な「オデコのこいつ」。  hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる