hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS ひんでんピアノ弾き語り「愛はすべてを赦す」の、マニアック過ぎる演奏解説。

<<   作成日時 : 2013/11/13 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついてくる人などおらんかもしれんが。

「愛はすべてを赦す」。
これ、
3拍子の曲とされています。実際、譜面も 3拍子で書かれています。
ところが。
ひんでんさん、この曲を「ブンチャッチャー、ブンチャッチャー」と捉えるのに違和感あるのです。
実際、ですね、
自宅で練習するときは、メトロノームを 4拍子で流しながら、やっております。
でもメロディは変えないのですから、そして小節の区切りも同じままなのですから、つまり、

メロディが延々、徹頭徹尾、4拍3連のみで作られた楽曲

ということになっています。

いやいやいやいやいやいやいや別に
変なことしよう
変わったことして耳目を惹こう
とかいうんじゃなくて、
生理的にそういうことになっちゃうんですわ。
ふと何の気なしに弾くと、自然に、そういう演奏になっちゃうの。

ただ聴衆にとってみれば知らん話。

で、ひんでんさんの演奏もやはり、普通に 3拍子の曲に聞こえているに違いないです。

ひんでんさんの脳内でだけで、起きていることです。





追記。

実際、演奏聴いて気付く人って、いるのでしょうか。興味ある。
どこでそれと知れる可能性あるかな。
なぜか必ず2拍目のウラにも左手がベース音を弾いているな、とか、そういうところからかな。
(これ、3拍子として捉えた場合の話ね。4拍子で弾いてるひんでんさんにとっては3拍目の頭。)



hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひんでんピアノ弾き語り「愛はすべてを赦す」の、マニアック過ぎる演奏解説。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる