hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS 靖国問題についての、激しい違和感。

<<   作成日時 : 2013/12/27 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

参拝の是非については論じません。また、どこのどなたとも論争する気はございません。
ただ一点。
是非が問われること自体に、違和感がございます。
なぜなら、元々は、あらへん問題だったからです。

歴代の首相が参拝し、どこの国からも問題視されず、
中曽根康弘が首相になって春夏秋冬ごとに参拝しても、どこからもクレームなく、
長期安定政権の中、9度目の夏。
1985年8月7日
に突然、朝日新聞が参拝を批判。

それが始まりです。

覚えております。
当時あたくしは大学生でした。
(朝日新聞と、赤旗日曜版とを、ウハウハ愛読しておりました。)



↓↓↓↓↓↓↓
ここに有名なコピペを、ママ置いときますね。
↓↓↓↓↓↓↓



福田赳夫  1977年4月21日    沈黙
      1978年4月21日    沈黙
      1978年8月15日    沈黙
      1978年10月17日 =A戦犯合祀される=
      1978年10月18日   沈黙

大平正芳  1979年4月21日  =A戦犯合祀判明=
      1979年10月18日   沈黙
      1980年4月21日    沈黙

中曽根康弘 1983年4月21日    沈黙
      1983年8月15日    沈黙
      1983年10月18日   沈黙
      1984年1月5日     沈黙
      1984年4月21日    沈黙
      1984年8月15日    沈黙
      1984年10月18日   沈黙
      1985年4月22日    沈黙
      1985年8月7日     朝日新聞が参拝を批判
      1985年8月15日    中国の新華社通信が参拝を批判
                    天安門事件 (1989年)

橋本竜太郎 1996年         中国抗議!!!!!

小泉純一郎 2001年         中国・韓国抗議!!!!!
      2002年3月       韓国駐在武官参拝
      2002年4月21日    中国・韓国抗議!!!!!
      2003年         中国・韓国抗議!!!!!
      2004年1月1日     中国・韓国抗議!!!!!
      2005年10月17日   中国・韓国抗議!!!!



↑↑↑↑↑↑↑
転載、ココマデ。
↑↑↑↑↑↑↑



1985年8月7日までは、政治問題でもなんでもございませんでした。
火元は国内。具体的には、朝日新聞でした。
それを海外にまで飛び火させてしまい、今の有様となっております。

そして。
わざわざ北京に「怒るべき事案ですよ」と火を付けに出向いたのは、日本社会党の書記長さんでした。
ただ胡耀邦総書記は経済を重視したい、荒立てたくない。
北京で騒いでもダメだったんで日本社会党の書記長さん、旧満州にまで繰り出して、更に煽る。
功を奏し、中国の世論が「靖国参拝反対」で沸騰、胡耀邦の政治生命が危うくなるを
気づかい、中曽根首相は翌年から靖国参拝を自粛することとなりました。

これを境に、
靖国参拝に口を出されることとなってしまいました。

ちなみに上記コピペを観察しても知れる通り、
中国は抗議しても韓国は、はじめの頃は、していません。
韓国の新聞の論調でも高見の見物だった模様。
「靖国は日中の問題で我々は関係ない」
といったカンジで。
ある時点から、
怒るべき事案ということに「した」らしい。。。



ちなみに。
参拝したと言って騒ぐ左な人たちにも、
終戦記念日に参拝しないからといって売国奴呼ばわりな右の人たちにも、
共感しません。

是非以前に、
靖国参拝を政治問題化すること自体に、激しい違和感がございます。



hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そもそも、要らん軋轢。創作された政治問題。いちいち中韓にご注進する姿勢もどうかと思います。
hinden (つまり 本人)
2013/12/30 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
靖国問題についての、激しい違和感。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる