hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS アートで世界を変えられないかと考えている人からのオファー。(1年前の話)

<<   作成日時 : 2014/09/28 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

--------
R氏
--------

2013年8月10日 14:47

こんにちは。****です。

今日はお願いのメールです。

僕と友人数名で「イイイアア」というアートグループの活動をしています。9月に大阪でイイイアア企画の展覧会を開催する予定で現在準備を進めています。イイイアアの作品として、たくさんの人々の言葉を集めた作品を作りたいと思っています。「言葉」でのご協力をお願いできたらと思いご連絡させていただきました。

名前と肩書きを入れて129文字、強調したい部分を赤文字にできます。

311以後、アートで世界を変えられないかと真剣に考えています。
ポジティブな言葉をお願いします。
伊藤洋子さんにもお願いしたいです。

ご質問などあればお気軽にご連絡下さい。
連絡はこちらへの返信で大丈夫です。



イイイアア企画、『言葉』の作品へのご協力のお願い
(h ttp://***.***.xxx)

イイイアア
(h ttp://***.***.yyy)

言葉の作品のページ
(h ttp://***.***.zzz)
(h ttp://***.***.www)





--------
ひんでん
--------

2013年8月10日 16:13

ほとけさまが見守ってくださっているから、だいたい大丈夫。



ひんでん 高橋 秀樹





--------
R氏
--------

なんかほのぼの系ですね。肩書きはどうしますか?





--------
ひんでん
--------

現在の皆様方からは何か無闇に切迫したカンジが伝わってきます。貴殿からも。ふとした印象ですが。「だいたい」がかなり重要でして、アバウトさを演出して皆様の反感を買おうかなと思っております。
肩書は、なしでお願いします。





--------
R氏
--------

「だいたいが重要」は同意できますが、皆で協力して作る作品ですので、協力者の中で「反感を買うこと」が目的の言葉は必要ありません。では、作品の主旨をご理解いただけないようですので、今回は不参加ということで。





--------
ひんでん
--------

すみませんでした。伊藤洋子はいかがですか。スタイルは全然違うので、こちらは大丈夫だと思います。





--------
チャット終了
--------
8月10日に開封
(返信なし)





後記。

ほんと、申し訳なかった。
アーティストとしてオファーされてたわけではなかったのに、そう、
不特定多数のひとりとしてカウントされていたに過ぎなかったのに、
その自覚が足りてませんでした。

必要とされてたのは、
肩書のバリエーションと、頭数。

視点の違う意見を混ぜて コンセプトにふくらみを持たせよう、とか、
問題提起的な振る舞いをして場を活性化させよう、とか、そんなん
なんにも望まれちゃいないことでした。

ちなみに、サイト4つも提示されていたのに、見てませんでした。
すみませんすみません、と遅れ馳せながらリンク先を参照しにゆきました。
「言葉」が印字されたパネルがずらっと貼られているんですが、…
…ありゃー。まー…
「人間がいちばんえらいなんて誰が決めた」的な文言のオンパレード。
そして「未来」とか「明日」とか「夢」とか。小中学校の合唱コンクールみたい。
あと「こどもたち」という単語も頻出ですね。
そして、大して皆さん、ポジティブでもない…(「ポジティブな言葉を」という依頼だったはずが)…

この群衆の中に記名で混ざるところだったのかあ。
よかった、ハブられて。(というのが正直な印象)
そして、

「ほとけさまが見守ってくださっているから、だいたい大丈夫。」

これ、
見ずに書いてお渡しした あたくしのテキストですが、
見てからでも、やっぱり、変わりませんでした。一字一句、見事に、変えるところがありませんでした。





注。

当日記は、
R氏のことでなく、自分のことを、書いているつもりです。
(氏たちの活動をクサす意図は全くございません。)
(ちなみにR氏は、友人です。)

アートや「アート」というものについて、
自分が、
どういう捉え方・見方をしているか
が浮き彫りになるようで、
そして
自分の立ち位置が明確になるようで、
実に実に
ただただ
興味深いやりとりだったなあ
と思い出したもので、ふと、書き留めてみました。



hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ひんでん さん、政治的なメッセージとかを絡めるんでしら、そのイベントには出ません。
「同時代性」とか ございますからね、関わりがないとは申しません。影響がないわけではないでしょう。 ですが、あたくしのバーイ、 作品自体が表現 なのです。 何か訴えたいことが別にあってそれの表現手段として「アート」 ではないのです。 そういう人はいますけどね。でも、ひんでん さん は、そういうタイプの表現者では ございません。 ひんでん さん の作品にメッセージ性はございません。 お届けするのは、娯楽です。 社会に対して問題提起しようとか、一切ないです。 そんなの「アート... ...続きを見る
hinden-san (ひんでん さん)
2017/06/29 23:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アートで世界を変えられないかと考えている人からのオファー。(1年前の話) hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる