hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ぱーぱらー合唱団」、そして「ひんでんサウンド」、オドロキの新展開。

<<   作成日時 : 2013/08/03 08:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新宿御苑RUTOのマスターは、ありがたいことに
ひんでん さんのピアノを気に入ってくれていて、
「ひんでん さんのピアノは ひんでん さんにしか弾けない」
と言ってくださっていますが実は、
ひんでん さんのようにピアノ弾く人が、
もうひとりいます。それが、ARUHI さんです。

皆様にも早く紹介したい。

あああモチロン、ピアノ、あたしゃ
ARUHI さんほど弾けないよ、というか、
あたしゃピアニストじゃないし。
自分のように弾くとは、
おこがましい言い草にもホドがありますね、
ごめんなさい。

自分がスキル的に自由だったと仮定して、
どんなピアノになるのか。
そうそう自分は実はあんなふうに弾きたい、
と願う演奏が、ARUHI さんのピアノでした。

採る音域、セブンスを内側に閉じ込めるボイシング、…
などなど、いちいちすべてが、
(ホントにおこがましいんだけど)
自分が弾いているようです。
自分が弾く場合でも、ああ弾くよ、
てピアノです。

10/26 土。新宿御苑RUTO。

「ぱーぱらー合唱団 avec ARUHI」
の名義にて、出ます。

アイデアはあとからあとから溢れてキリないカンジです。
一方、
一切のギミックなく正面から
まともにまともなラブソングを歌うクダリも作ります。

あっ、あと、
部分的に、さそり監督 (ジーコ内山) さんにも少し
コーラス、ツイン・ボーカルの片方
をやっていただくつもりです。





似ている同士の演奏がいいのか
似てない同士がいいのか。

ここんとこ、「ぱーぱらー」と言えば、ピアノ伴奏は
加藤チャーリー千晴 さん でした。
氏との交互作用、化学反応も、素晴らしく、捨て難い。
氏の伴奏による、オススメ動画 2本、ドウゾ。



suite[from LEFT, from RIGHT]. 組曲「右や左の旦那様」 by 「ぱーぱらー合唱団」。 http://www.youtube.com/watch?v=8Tvzx0A7Bwk



「ぱーぱらー合唱団」によるクロージング・アクト。「幸せを売る男」(「野球小僧」付)。 「ひんでん高橋秀樹生誕50周年記念パーティ」にて。http://www.youtube.com/watch?v=mc346JIcStU



シャンソンは言うなればフランスの懐メロですが、
ぱーぱらーの場合、現代の感覚で
勢いよく、陽気に明るく、
お送りします。
フランスではなくココ。
昔でなく今。
を歌います。



いいカンジに共振してるう。



hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ぱーぱらー合唱団」、そして「ひんでんサウンド」、オドロキの新展開。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる