hinden-san (ひんでん さん)

アクセスカウンタ

zoom RSS シャンソン「メケメケ」の訳詞、ひんでん 版 (ちょい 明石家さんま 風)。

<<   作成日時 : 2013/09/26 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1.
船は波止場に  波止場には積荷がたくさん積み上げられ  あそこに。
ちっちゃな居酒屋  マルティニクの港
そりゃもうたまりませんわ
とびきりのカワいコちゃんが いるんですわ
ほら、そこに。

泣いてるんですわ  黒人の男の子の腕の中で。
なぜって、男の子は もう 行っちゃうんですわ。
で、心も 張り裂けそう って ワケ。

女の子は ひっくひっく しなから 男の子に切符を手渡したの
「あんたがいなくなるなんて 死んじゃいそうだわ」

    それが何か?
    よくある話ですがな
    そら、恋の終わりやがな。


2.
サイレンが鳴った。
この先どうなるかわからん この二人を 追い立てるように。
でも突然、なんもかんも こんがらかっちまった。  ああ もう
女の子は ちょっとの間は 自分がうろたえてるの隠してたけど
すぐもう くじけてしまった。

「怖いわ。行っちゃダメ。わからないの?
 あたし、死んじゃうかも。」

男の子は なんとか言い聞かせようと するんだけどねえ。
とにもかくにも、行かなきゃならんのだよ
だからもう 僕は船に乗るよ。

    で、それがどうしたって?
    ま、よく聞く話だわな
    二人は もう 終わりやで。


3.
積荷は完了。
船は曳かれながら ゆっくりゆっくり 岸から離れてゆく     ほら。
驚かないで。  おちょくらないで。
これから僕が説明しようとすることに。
いや なんとも まあ。

あいつ、港の方 見つめたんだ。陸にいる女の子の方をね。
で 急に 後悔して
海に ざんぶり 飛び込んだんだ。
そらもう発作ですがな。
危険をかえりみずっちゅうか
恋のためまっしぐらっちゅうか
こんなん前にしてア一夕、さしものサメどもも口あんぐりでしたがな。

     いやいや、しかしなんだな
    ま、話としてはありふれてるかも知れんわな
    そら 恋の 始まり やで。


(Coda)
新しい朝が来るんや。もうずうっっと続いてゆく朝がね。  なぜって
また一緒になったんだからさ。    いやホンマ、よかったよかった。




シャンソン名曲大事典
EMIミュージック・ジャパン
1990-10-26
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャンソン名曲大事典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


hinden Takahashi, Hideki / ひんでん 高橋 秀樹--------
about me
--------

hinden Takahashi, Hideki
ひんでん 高橋 秀樹
http://hinden.at.webry.info/200002/article_1.html

hinden's music (ひんでん の 音楽)
https://soundcloud.com/hindenhideki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャンソン「メケメケ」の訳詞、ひんでん 版 (ちょい 明石家さんま 風)。 hinden-san (ひんでん さん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる