アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日本の文化」のブログ記事

みんなの「日本の文化」ブログ

タイトル 日 時
三波春夫「大利根無情」てのが大オススメなのですが、いい版が YouTube に見つからないなー。。。
三波春夫「大利根無情」てのが大オススメなのですが、いい版が YouTube に見つからないなー。。。 ピークは 2番と3番との間奏部分。 梵鐘が鳴り、 語りが入ります。 セリフは   「…ゆかねばならぬ。そこをどいてくだされ。ゆかねばならんのだー。」   で締め括られ、3番の歌唱へと続きます。レコードでは、そうなっています。 しかし実際の舞台では、「そこをどいてくだされ。」が省かれていることが多いです。これは省かないほうが好みです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/26 15:09
日本人なら見ておかなきゃ駄目ですよ !! 三波春夫「俵星玄蕃」。見なきゃ、駄目 !!
日本人なら見ておかなきゃ駄目ですよ !! 三波春夫「俵星玄蕃」。見なきゃ、駄目 !! 8分31秒ある大作ですが、ピークは 6分15秒後に来ます。   「そば屋か」 と言うクダリ。 これを聞き遂げるまでは、見るの やめないで。 なんで、そんなんに魅せられるのか、見たことなければ到底、見当もつかないでしょうけど、とにかく とーにかく、 これを聞きたい。みんな、わずか4文字の、これを待ち望んでおるわけですよ、知ってる人は。   まず、見て。 https://www.youtube.com/watch?v=fnX1vD0TBJU ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/23 06:27
浄瑠璃に萌え萌え。日本の最先端テクロノジーと伝統芸能とのコラボ。
浄瑠璃に萌え萌え。日本の最先端テクロノジーと伝統芸能とのコラボ。 人形浄瑠璃 文楽 が、初音ミクに合わせて踊る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/09 05:36
昔なつかしの和玩具、けぶえ (毛笛)。
昔なつかしの和玩具、けぶえ (毛笛)。 ひんでんアイテムの一。 時折、パフォーマンスで使用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/09 00:39
[池袋 ミステリー・ツアー] 旅館・とくや荘。外人のお友達が日本に来た時にでも、ココを紹介したろ。
[池袋 ミステリー・ツアー] 旅館・とくや荘。外人のお友達が日本に来た時にでも、ココを紹介したろ。 ジャパニーズ・妖怪にうまくしたら遭えるかもしれないよ、とでも言ったら、フランス人とか、喜びそう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/03 23:59
円山応挙「龍門鯉魚図」。
円山応挙「龍門鯉魚図」。 白黒ツートンカラーの縦じま。 しかしあくまでも、抽象画ではございません。写実画でございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/08/24 00:00
円山応挙「氷図屏風」。未曽有の天才の仕業。全世界はこの絵に驚け !!
円山応挙「氷図屏風」。未曽有の天才の仕業。全世界はこの絵に驚け !! すっ。すっ。 と、引かれた何本かの線。 しかしこれは、抽象画ではございません。写実画でございます。   これぞ、 応挙「氷図屏風」。   池の氷に入った ヒビ   でございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/08/23 23:43
上野・東京国立博物館 での 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」、見てきました !!
上野・東京国立博物館 での 特別展「対決−巨匠たちの日本美術」、見てきました !! 前記事で取り上げた、曽我蕭白「群仙図屏風」の実物も堪能。 ディテールのカキコミ。情報量がスゴイ。 奔放、大胆、斬新、前衛、奇想。それでいて同時に、細かい実に丁寧な仕事をしてらっしゃる。   曽我蕭白 と対決していたのは、伊藤若冲。 誰がなんと言おうと、今回の企画 (巨匠 24人 12組 の対決)、この 怪人・鬼才 二人の勝負が最大の目玉。ここのこのコーナーにトドメを指します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2008/08/10 11:56
完全に気が触れた世界・曽我蕭白「群仙図屏風」 (六曲一双) で発生中の怪異現象。
完全に気が触れた世界・曽我蕭白「群仙図屏風」 (六曲一双) で発生中の怪異現象。 誰がこんな絵の存在を認めたの、というくらい。ブッとビ。 常軌を逸してるどころでないわ。フリキっとるわ。 周りの状況も小道具のコーディネートも、 とにかくどこがどうヘンといちいち言っておられんほどでございます。 で、メインキャラの仙人たち。もちろん全員がブっとんどる。 狂い方は、これがまた、それぞれで、実に独自性ございます。 どの仙人もいいですし、誰に注目してもなみなみならぬ興味を持たずにおられませんが、 特に、誰が皆さんは気になりますか。   ちなみに あたくしは、あの人ですな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/08/09 00:00

トップへ | みんなの「日本の文化」ブログ

hinden-san (ひんでん さん) 日本の文化のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる